unisizeとRtoasterが連携し、アパレルECのサイズやレコメンド等の課題解決に向け、新ソリューションを共同開発 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
トレンド
更新日2020/09/28 公開日2020/09/14

unisizeとRtoasterが連携し、アパレルECのサイズやレコメンド等の課題解決に向け、新ソリューションを共同開発

株式会社メイキップが提供するサイズレコメンドエンジン「unisize」と、株式会社ブレインパッドが提供するレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」は連携を行い、アパレルECの課題を解決する新ソリューションを共同開発することを2020年9月10日に発表した。

 

今回の連携により、「unisize」での試着行動時データを活用し、「Rtoaster」によるECサイト内外でのパーソナライズを実現することで、洋服のサイズだけでなく、消費者の趣味・嗜好に合わせた新たな洋服のレコメンドが可能となり、そのレコメンド内容を、ECサイト内でのポップアップ表示、ECサイト外のメールやLINEによるプッシュ型の配信にも反映できるようになる。

 

 

以前から、アパレルECにおいては、実際に商品を試着できないことによって起こる「サイズ問題」が購買障壁として挙げられていたが、「unisize」を利用することにより、ECサイト上での簡単な操作のみで、ログイン等の手間をかけずとも最適な洋服サイズを提案できる。さらに、この「unisize」と「Rtoaster」を連携させることで、「unisize」のサイズレコメンドに、消費者の趣味・嗜好に応じた「Rtoaster」による多彩なパーソナライズ機能を付加し、データ活用を推進することで、アパレルECの価値向上に繋げる。

 

今後両社は、ブレインパッドのデータ活用ノウハウを用いて、「unisize」に蓄積された希少な洋服データや身体データ「Rtoaster」に蓄積されたデータを用いた需要予測などを新たな商品開発に活かしていくことも見据え、共同開発に取り組んでいく。さらに将来的には、リアル店舗での購買体験をデジタル上でも実現するソリューションの開発を目指す。

 

close