靴の「LOCONDO.jp」、越境ECサービス「WorldShopping BIZ チェックアウト」導入で 世界125カ国のユーザーが購入可能に | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
越境EC
公開日2019/07/18

靴の「LOCONDO.jp」、越境ECサービス「WorldShopping BIZ チェックアウト」導入で 世界125カ国のユーザーが購入可能に

株式会社ジグザグは、株式会社ロコンドが運営する、靴とファッションの通販サイト「LOCONDO.jp」において、JavaScriptタグ1行で越境EC対応を実現するサービス「WorldShopping BIZ チェックアウト」の提供を7月11日より開始した。

 

今回、LOCONDO.jpは、海外販売対応のパートナーとして、多言語対応、海外決済、海外発送を一気通貫で行うWorldShopping BIZ チェックアウトを採用した。WorldShopping BIZ チェックアウトを採用することで、LOCONDO.jpにJavaScriptタグを1行追加するだけで、特別な開発や運営オペレーションの変更を一切伴わずに、世界125カ国に向けての海外販売対応が実現する。これによりLOCONDO.jpのサイトにアクセスする海外ユーザーは、これまで購入できなかった商品をスムーズに購入することが可能となった。

 

WorldShopping BIZ チェックアウトは上記以外にも様々な機能がある。

①多言語対応・・・ウェブサイトにJavaScriptタグを1行挿入するだけで、海外IPアドレスとブラウザ言語を識別し、海外ユーザーに最適化された「多言語ナビゲーション」「かな入力が不要なフォーム」などを表示させ、WorldShopping専用カートで注文を受け付ける。

②海外決済・・・主要クレジットカード、Paypalや銀聯カードAlipayなど多様な決済手段に対応。

③海外配送・・・インボイスの作成、国際郵便の手配をWorldShopping(ジグザグ社)が行う。

上記3点以外に、カスタマーサポートもWorldShopping(ジグザグ社)が対応する。

 

経済産業省は、越境ECの世界の市場規模は、中国とアメリカを中心に2020年まで毎年、対前年20%以上成長し、2018年の約73兆3,400億円から2020年には約107兆8,000億円の市場になると予測している。また、日本語のECサイトにもごく僅かに海外からのアクセスが存在するものの、越境ECを行う上でWebサイトの多言語入力フォームへの対応・海外決済・不正決済対応・海外物流・運営ノウハウ不足により海外販売対応できないことが課題としてあった。しかし、WorldShopping BIZを用いることで、上記の課題を解決し、越境ECを行う上で、大きな力を発揮するだろう。

 

close