クックパッドマートが実証実験を兼ねたオフィス配送を開始 | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
2019/01/25

クックパッドマートが実証実験を兼ねたオフィス配送を開始

クックパッド株式会社の提供する生鮮食品スーパー「クックパッドマート」はオフィス配送サービスの第一弾として2019年1月23日よりGMOインターネットグループGMOクラウド株式会社へのオフィス配送を開始した。

これにより、同受け取り場所にはGMOクラウドの提供するAIによる実店舗の来店者分析サービス「Diversity Insight for Retail by GMO」が設置され、クックパッドマートの利用者分析の実証実験を共同で行う。またクックパッドでは、今回の実証実験から得たデータを元にサービス利用者の更なる利便性向上に役立てていくという。

さらに、クックパッドマートではオフィス配送サービスを購入する企業を募集している。導入に関する初期費用や運営に関する諸経費は0円だ。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

 

AIで来店客の属性を見える化する「Diversity Insight forRetail」 

実証実験で利用されるDiversity Insight forRetail は、実店舗に設置した小型カメラや既存のカメラ映像を通じて、AIが来客の属性(年齢・性別・ライフスタイルなど)や店内行動を分析し、見える化するサービスだ。独自のAI分析技術(特許出願中)を使用し、多様な分析項目を備えている。

店舗側は、このサービスを導入することで来店客分析におけるスタッフの業務負担を軽減できるほか、AIによる高精度な行動分析が可能となる。これにより、仕入れや販売戦略の改善、店内レイアウトや商品配置の最適化などを効率的に行えるため実店舗収益の改善への貢献が期待される。なお、プライバシーの面に関しては、経産省による「AI・データ利用に関する契約ガイドライン」に準じて進めているとのこと。

 

クックパッドでは、クックパッドマート提供開始前より約半年間にわたり、クックパッドの従業員向けにオフィス配送を実施してきた。これまでの注文数は延べ1,000回を超え、「店舗に立ち寄る時間がない日でも焼き立てのパンが購入できる」「保育園のお迎え前に食材を受け取れて助かっている」といった声が上がっている。オフィスで生鮮食品を受け取ることができることで、多様な生活スタイルに対応した働きやすさに繋がることが期待される。

 

 

close