Live Shop!が法人向けにアカウントを開放 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
  • follow us in feedly
マーケティング
2018/09/13

Live Shop!が法人向けにアカウントを開放

株式会社Candeeは店舗や企業などの法人向けにLive Shop!アカウントを解放開始した。スマートフォンに配信専用アプリをダウンロードすることで時間や場所を問わずライブコマースが可能となるほか、アンケートや抽選機能によりライブ配信中の視聴者とコミュニケーションをとることができる。

 

スマホから動画配信で、特定期間の販促強化にも対応しやすい

動画配信は、スマホにダウンロードした配信専用アプリから場所や時間を問わずに投稿すること可能だ。このため営業時間外での商品訴求やセールや年末年始といった特定期間での販売促進の強化ができる。

また、Live Shop!に搭載されているアンケート機能や抽選機能を活用することで、ライブ動画を通して顧客の意見取集が可能だ。

さらに、自社サイトに動画をエンベット(埋め込み)できることから、サイト内の動画コンテンツ拡充とブラウザ上での販売が実現する。

法人アカウントの利用料金は、初期費用なし、開設料20万円/月(税別)、販売手数料として売上の15%がかかるとのこと。なお、動画配信の上限時間は1ヵ月あたり6時間だ。

 

視聴者とのコミュニケーションを実現するLive Shop!とは

Live Shop!は、人気モデルやインスタグラマーなどのインフルエンサーが流行りのファッションやメイクをライブ配信で紹介し、視聴者はその場で気になったアイテムを購入できる、ライブ通販アプリだ。

出演者は商品の説明よりも販売者とのコミュニケーションに重きを置いており、販売されている商品はインフルエンサー本人が選んだものが多い。このため、憧れの人が紹介する商品が欲しくて動画を覗く視聴者が多いのが特徴だ。

 

今回の法人向けアカウントの解放に際して、既にアパレル7ブランドによるアカウント開設が決定しており、9月12日より順次動画の配信予定だ。Live Shop!はこれまで、SHOPLISTPARCOなどと協業してきたが、今回のアカウント開放により、各ブランド・事業者がより簡単にLive Shop!を活用したライブコマースへの参入が可能となる。

 

<参考>

日本にも本格的に上陸してきたライブコマース(生放送動画コマース)の魅力と可能性