Shopifyペイメント、日本でも導入開始 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
物流・決済・業務
2018/06/01

Shopifyペイメント、日本でも導入開始

株式会社Shopify Japan(以下、Shopify)は、Shopifyペイメントを導入。Shopifyペイメントに登録することで、VISA、Masterカード、American Expressからの支払いが直接Shopifyを通して可能となり、他の決済代行アカウントは不要となる。

更に、クレジットカード決済におけるShopify仲介手数料は0%と、コストを抑えた販売が可能となる他、Shopify Pay、Apple PayGoogle Payなど高速の決済サービスを提供できることから、購入完了までの手続きが簡単になる。

 

支払い所要時間を短縮、チャージバック管理も簡単に

Shopifyペイメントでは、決済詳細は注文内容と同期されるため、Shopifyの管理画面のみで支払い済注文、支払い方法、購入者を簡単に追跡することが可能だ。また、銀行口座に入金されるたびにメール通知を受けとることができ、5営業日で支払いを受け取ることができる。

また、通常多くの手間がかかっていたチャージバックの作業を1クリックで対応でき、ストアデータに基づき対応が自動的に作成される。

 

仲介手数料は0%、クレジットカード手数料の引き下げも

クレジットカード決済の手数料に関しては、ストアの取引額によって異なるような決済手数料ではなく、利用中のShopifyプランによって異なる料金体系を採用。国内カードのオンライン取引ではBasicプランが3.40%、Shopifyプランが3.30%、Advancedプランは3.25%、Plusプランが3.15%だ。また、海外カードまたはアメリカン・エキスプレス(国内・外含め)でのオンライン取引は、Basicプランが3.90%、Shopifyプランが3.85%、Plusプランが3.75%の決済手数料で利用可能だ。

 

今後、Shopifyは「すべての人々のコマースをより良くする」のモットーを軸にネットショップの販売促進のため更なるサービスの向上に努めていく。