楽天が提供するマーケティングソリューションをRMPブランドに統一 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
トレンド
2018/05/11

楽天が提供するマーケティングソリューションをRMPブランドに統一

楽天株式会社(以下、楽天)は、提供するマーケティングソリューションをRakuten Marketing Platform(RMP)ブランドに統一。

RMPは約9,500万の楽天会員IDと、70以上のサービスに関連する購買行動に関する分析データをはじめとしたビックデータを活用し、「認知」「興味関心」「リピート」「ファン化」など消費行動すべての段階に対応するフルファネルの広告関連商品群ブランドの総称だ。

購買データを基軸としたソリューションであるRMP – Brand GatewayやRMP – Go! Spotといった、同ブランドとして既に提供しているものに加え、楽天DSPや楽天スーパーポイントギャラリーといった広告商品もRMPブランドに沿って改称した。

 

<参考>

企業ブランドサイトを楽天市場に設置可能なRMP-Brand Gatewayの提供開始

楽天、位置情報に基づく広告配信により実店舗への集客を強化し、効果測定するサービスの提供を開始

 

また、今回のブランド統一に伴い、クライアント企業や広告代理店に向けた情報発信サイトRakuten AD NavigationをRakuten Marketing Platform naviに改称した。

なお、今後新たに提供するものも含め広告関連商品を同ブランドのもとに集約し、提供するマーケティングソリューション全体の認知度向上を図っていくという。

 

楽天は、運営する楽天技術研究所を通してビックデータとAI技術の連携を推し進めている。今月1日には同研究所内に遺伝子ラボを設立するなど取り組みを強化しており、今後、楽天によるマーケティングソリューションの更なる拡大が見込まれる。

 

<参考>

楽天技術研究所内に遺伝子ラボを新設