インフルエンサーマーケティング事業を展開するLIDDELL株式会社は、情報を入手するメディアによって、インフルエンサーの情報発信意欲にどのような変化が生じるか調査するため、2021年11月1日~11月10日にInstagramユーザーに対しアンケートを実施した。

 

 

SNSユーザーの情報発信意欲、SNSは98%

 

 

SNSユーザーの情報発信意欲にどのような変化が生じているか、調査した結果、TVや雑誌などのマスメディアが1.7%だったのに対し、SNSは98%と大きな差があった。SNSでは誰かの投稿に憧れたり、同調したりと感情が感化される特徴があり、SNSの投稿を模倣するミーム的な行動が起こるが、今回のアンケート結果でも、SNSで情報を得た場合に自分自身もSNS投稿するという声が圧倒的だった。また、商品が欲しいという目的以外に「自分も同じように投稿したい」という目的が生まれるため、購入して終わりではなく投稿することで満足できると考えられる。

 

このような状況を踏まえると、従来の広告施策にSNSプロモーションを戦略的に取り入れることで、商品購入後の投稿率向上によるバイラル効果が拡大し、新たな消費と発信が生まれていく可能性もあるといえる。

 

 

 

さらに「最新スポットや流行アイテムなどの情報源」について聞いたところ、マスメディアと回答したのは3.2%に留まったのに対し、SNSと回答したのは96%以上となった。そこから、トレンドはSNSから入手し、それを自身のSNSでも積極的に投稿、拡散する連鎖が生まれていることが明らかになった。

 

まとめ

 

SNSというパーソナルディアを誰もが保有する時代に、消費者は今までのように購入するだけの存在ではなく、自ら情報発信を行い拡散の連鎖を生み、トレンドを作れるようになった。宣伝者にもなり得る生活者たちを企業はどうパートナーにするかが重要なポイントになるだろう。

 

 

リデルは、今後もSNSにおけるプロモーションの特異性を明らかにすることで、企業が抱えるマーケティング課題に対する最適解を探究しつつ、多くの企業活動をサポートしていくとのこと。