「はぴロジ」がShopifyとのAPI連携を実装、在庫を抱えず商品管理から出荷まで一括管理が可能に | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
2018/09/25

「はぴロジ」がShopifyとのAPI連携を実装、在庫を抱えず商品管理から出荷まで一括管理が可能に

物流×テックサービス「はぴロジ」を運営する株式会社ブレインウェーブShopify Japan株式会社はAPI連携を実装。Shopifyで構築されたECサイトから、はぴロジ倉庫へのスムーズなデータ連携を実現するフルフィルメントサービスを提供開始した。

 

Shopifyの管理画面で一括管理が可能に

はぴロジは、全国の倉庫から分散出荷できるクラウド型のプラットフォームだ。eコマースビジネスを中心に物流代行やシステム連携・受注代行といったサービスを提している。

今回のAPI連携では、1クリックでShopify上の商品情報と連携、自動更新が可能になるほか、発送業務(出荷指示・出荷実績)の自動化や、はぴロジ倉庫における在庫情報の自動反映が可能となる。

なお発送業務ではShopifyの受注情報を、読み取りボタン1クリックで簡単に連携。はぴロジ倉庫から発送完了後は配送会社の配送番号を含む配送完了情報を連携する。

さらに、物流サービスも提供することから倉庫での商品保管から入荷~梱包~出荷という一連の出荷作業まで丸ごと委託することができ、在庫や入出荷履歴の情報はクラウドのシステムで一元管理されるため場所や時間を問わず確認が可能だ。

その他、倉庫とのメッセージ機能や、複雑な出荷作業のオペレーションをシステム上で設定できるフィルターアクション機能、複数の倉庫から出荷することができる分散出荷機能、封入物やセット商品を効率的に制御できる機能など、複数の機能が提供される。

 

昨年日本に上陸して以降、フルフィルメントサービスとの連携を求める声が上がっていたShopify。今回、分散出荷ソリューションを提供するはぴロジと連携することで、物流における課題解決とEC運営の効率化を目指す。