【英国】WhatsApp、ユーザーデータを親会社のFacebookと共有しないことに合意 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
更新日2018/03/23 公開日2018/03/22

【英国】WhatsApp、ユーザーデータを親会社のFacebookと共有しないことに合意

英国のICO(個人情報保護監督機関)の調査を受け、WhatsAppは、近々施行される「一般データ保護規則(GDPR)」にて合法化され整合が取れるまで、親会社であるFacebookと一切のユーザーデータを共有しないことに合意した。

WhatsAppは(GDPRの枠内で合法的にユーザーのデータを共有することができるまで)、Facebookと個人データを共有しないという契約に合意。尚、WhatsAppはデータプロセッサー以外で英国ユーザーのデータをFacebookと共有したことは一切なく、罰金も課せられていない。

「我々の調査では、Facebook がWhatsAppにサポートサービスのみを提供しているときに、WhatsAppがFacebookに個人データを共有するかどうかということについては関心がない。そのような共有を専門用語では”WhatsAppはFacebookをデータプロセッサーとして使用できること”と言い表すが、これは一般的なことであり、契約の下、法律に沿っていれば、通常はデータ保護の懸念は生じない」と委員のElizabeth Denham氏は話した。

WhatsAppが契約書にサインすることに合意したことには敬意を表しつつも、規則から外れることのないよう、今後もアプリを厳重に監視し続ける、とDenham氏は加えている。

 

※当記事は英国メディア「Mobile Marketing Magazine」の3/15公開の記事を翻訳・補足したものです。

 

close