LINEショッピング、開始1か月半で会員数500万人を突破 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
トレンド
2017/08/09

LINEショッピング、開始1か月半で会員数500万人を突破

LINE株式会社(以下、LINE)は、2017年6月にリリースしたLINEショッピングの会員数が、開始から1ヵ月半の8月1日時点で500万人を突破したことを公表。LINEアプリからお買い物ができる点や、LINEショッピングを経由するだけで、購入金額に応じたLINEポイントがもらえる点が好評だという。

 

LINEショッピングはECサイトへの送客のためのサービスで、150以上の企業やファッションブランド・ショッピングモールの商品をLINEアプリ上から検索・閲覧ができる。買い物カゴが存在せず、決済機能がないことが最大の特徴だ。

特に人気のあるジャンルはファッション、インテリア・家具で、現在は、ベイクルーズユニクロといったECサイトや、ショッピングモールであるWowma!などリリース当初は参加していなかった企業も参加している。

 

今や日本国内においてLINEアプリが主要な連絡手段だという人は多い。普段から使っているアプリから利用できる上、LINEアプリで使えるポイントが付与される点からLINEショッピングのはじめやすさが伺える。送客という形でEC業界へ再び参入したLINEの滑り出しは好調だ。

 

<参考>

LINEショッピングがリリース―撤退したLINE MALLと業界を変えてリベンジなるか