インアゴーラ、越境ビジネスで味の素と協働 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
越境EC
公開日2017/06/02

インアゴーラ、越境ビジネスで味の素と協働

中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営する、 Inagora(インアゴーラ)株式会社と、 味の素株式会社は、 2017年6月1日(木)より販売・マーケティング領域でも協働し、越境ECビジネスを進めていくことを発表した。

 

協働モデルで日本の食文化を世界へ

これまでも仲介業者等を経由することで味の素の商品をワンドウで購入可能だったが、協働モデルの採用で味の素の越境ECにおける販売やマーケティングにおいて、インアゴーラの全面的な代行が可能となり、商品の安全性・信頼性の向上が期待される。また、主に取り扱う商品は、 中国の消費者の「健康」「時短」のニーズに沿った商品で 約10種類展開。(ほんだし、 鍋キューブ、 ピュアセレクトなど)。今後はさらに商品数を増やし、 展開地域における日本の食文化の浸透を目指していくという。

 

豌豆(ワンドウ)とは

中国ユーザー向けショッピングアプリで唯一の日本商品特化型サービス。 日本企業は初期費用・固定費が無料で出店ができることから、 中国で既に人気の商品からまだ中国ユーザーの認知度が低い商品まで1900ブランド、約27,500商品(2017年3月現在)もの多岐にわたる品揃えを実現している。また、 日本商品特化型であるため商品を陳列して販売するだけではなく、 企業ブランド・商品の詳細情報や、 商品の使い方や利用シーンをまとめた動画・記事コンテンツを提供するなどユーザーに対して多角的にアプローチすることが可能だ。 また、 アプリ内のSNS機能(プリンセストーク)やコンテンツを通じて、 ブランドイメージや商品をより拡散・浸透させることができる。

 

 

 

 

close