「物価安定の目標」を消費者物価の前年比上昇率2%と定め、早期の実現に向けて金融政策を行っている日本銀行の黒田総裁が、一般論と前置きした上でヤマト運輸の料金見直しに言及。