【中国】盛り上がりを見せていた生放送プラットフォーム、一週間で1/3が政府の規制によりサービス停止 | 海外ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
更新日2017/01/07 公開日2016/12/23

【中国】盛り上がりを見せていた生放送プラットフォーム、一週間で1/3が政府の規制によりサービス停止

12月1日政府の新しい規制の影響で、およそ300の生放送プラットフォームの1/3がこの一週間でサービスを停止した。これからも停止するプラットフォームは増加する見込みである。

今年9月中国国家新聞出版広電総局は「オンライン視聴番組生放送サービス管理相関通知」を公表し、「オンライン伝播視聴番組許可書」と「オンライン文化運営許可書」を持っていない生放送プラットフォームやアナウンサーなどの活動を禁止した。

また、11月4日、中国ネット安全と情報局が公表した「ネット生放送サービス管理規定」によると、生放送プラットフォームは許可書を揃え、放送内容を検閲してから放送し、禁止される情報を含む内容を放送した場合には即時ブロッキングなどのテクノロジーを備えなければならないこととなっていた。規制は12月1日から正式に施行された。

生放送プラットフォームは原則上、上述した「オンライン伝播視聴番組許可書」、「オンライン文化運営許可書」と「ICP証明書(電信と情報サービス業務経営許可書)」の三つの証明書を揃えないといけないが、特に最初の二つは非常に重要とされている。

現在まで、その二つの許可書を持っている生放送プラットフォームはYY虎牙直播映客直播など少数である。逆に斗鱼直播熊猫直播花椒直播全民直播陌陌などの大手プラットフォームもまだページ下部に視聴許可書を公開していない状態だ。特に花椒直播は全ての許可書を持ってないので、停止に追い込まれる危険性が高い。

許可書のうち「オンライン伝播視聴番組許可書(上図左)」は申請の難易度が非常に高い。申請条件は二つある。まず、生放送プラットフォームの運営会社は国有企業(独資あるいはホールティングス)。次に運営会社の資本金は1,000万元(約1億6千万円)以上であることだ。

この二つの条件で大多数の中小プラットフォームが排除された。条件に合致しない企業が許可を得るためのその他の方法は、許可書を揃えたプラットフォームを買収することとなっている。そのほか短期間内に許可書を申請できない生放送プラットフォームは死を免れないだろう。

 

 

※当記事は中国メディア「電商報」の12/12公開の記事と「第一財経」の12/01の記事を翻訳・補足したものです。

 

close