ニールセンが11月29日に発表した2016年版「消費者のマルチデバイスの利用状況」によると、ECで利用するデバイスは「パソコン」が前年比7ポイント減の52%、「スマートフォン」が同6ポイント増の43%となった。