【中国】越境EC輸出B2Bは3年間で3倍増と爆発的に成長中 | 海外ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
2017/10/04

【中国】越境EC輸出B2Bは3年間で3倍増と爆発的に成長中

B2BのECプラットフォーム敦煌網の「“一帯一路”(シルクロード)越境輸出B2B発展報告」によると、中国から越境しシルクロード沿線の64ヵ国へのB2B輸出市場規模は爆発的に成長し、世界への輸出の12.5%を占めるまでに至っている。B2B輸出は輸出全体に占める割合は2013年の2.6%から2016年の8.9%まで3倍増となっている。

2016年シルクロード沿線64ヵ国への輸出商品の種類についてはVRメガネ、キッチン用品、AV機器などの商品の売上が急増した。また、モバイル関連商品は最も人気のある商品である。

取引規模については、ロシアが一位。増加率で見るとブータン、キルギスタン、カタールがトップ3となっている。

また、全体的に東ヨーロッパとの取引が多く、沿線64ヵ国の72%を占めている。その理由の一つは東ヨーロッパのインフラが健全だからだ。2つ目の理由はロシア、ウクライナとの貿易が東ヨーロッパとの貿易にも良い影響を与えているからだとされている。

 

※当記事は中国メディア「電商報」の9/12公開の記事を翻訳・補足したものです。

 

 

close