LOHACOの受け取りサービスHappy On Timeで置き場所指定が可能に | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
  • follow us in feedly
トレンド
2017/08/04

LOHACOの受け取りサービスHappy On Timeで置き場所指定が可能に

アスクル株式会社は2017年8月2日より、LOHACOの受け取りサービスであるHappy On Timeにおける機能を4つ追加した。お届け物の置き場指定や受け取りボックスでの受け取りが可能になったほか、お届け直前にドライバーから電話をもらえたり、LOHACOからの配達に使用された段ボールの回収をするサービスが開始された。

 

玄関の扉の前に荷物を置いてもらうことも可能に

Happy On Timeは、Yahoo! Japan IDでログインしている人で、LOHACOで購入した商品を大阪9区または東京10区へお届け指定する人を対象に、1時間または2時間枠で受け取り時間を指定できるものだ。従来、お届けの1時間前からアプリまたはサイト上の地図からドライバーの現在位置を確認できるほか、 お届けの10分前にはもうすぐお届けする旨がアプリのプッシュ通知で連絡される。

今回追加されたサービスは、「置き場所を指定して受け取る」「宅配ボックスで受け取る」「お届けの直前に電話をもらう」「ダンボールを回収してもらう」の4つだ。

置き場所指定では、玄関扉の前、車庫、物置の中、裏口・勝手口扉の前の4つから指定可能だ。ドライバーは商品のお届け完了後、モバイル端末で商品のお届け状況を撮影するため、LOHACOアプリやサイトから写真画像でお届け状況の確認ができる。

従来は不在時でかつ、一定の重量内の荷物に限ったものであった宅配ボックスへのお届けを指定することが可能となった。ドアチャイムを鳴らすことなくお届けが完了するため、「ドアチャイムを鳴らしてほしくない」、「再配達手続きは面倒だ」といった要望に応えたものだ。

お届けの直前に電話をもらえるサービスでは、Yahoo! JAPAN IDに登録された電話番号に電話をもらえる。防犯の観点から有効なものだが、Yahoo! JAPAN IDへの電話番号の登録が必要だ。

ダンボールの回収では、LOHACOからお届けした商品のダンボールや紙袋を、次回のお届け時にドライバーが対面で回収してくれる。購買頻度が高いユーザーにとって、保管や破棄に手間がかかるダンボールの回収は便利なものだといえる。なお、お届けされた荷物のダンボールや紙袋を即時に回収してもらうことはできず、エコお買い物バックや断衝材の回収は対象外なので注意したい。

今回の4つのサービス追加は、すべてHappy On Timeユーザーの声に対応したものであり、再配達削減に効果的なサービスだ。だが、お届け場所の設定ができることは、普段在宅時間が短い人にとって便利である。一方で、荷物が傷つくことなく着実にユーザー手元に渡るとは限らないというデメリットも軽視できない。