• google+
ノウハウ・ツール
2017/05/26

FutureShop2、新オプション「カゴ落ちリカバリー広告」で新規顧客にも再アプローチ可能に

株式会社フューチャーショップは、同社が提供するショッピングカートASPサービスFutureShop2の「FutureCartRecovery」機能の新オプションとして「カゴ落ちリカバリー広告」を2017年5月24日にリリースした。

 

「FutureCartRecovery」とは

カゴ落ち(カート放棄)した会員に対してメールでのEC サイト再来訪促進できるサービスである。商品をカートに投入後、メールを段階的に送信する設定する機能、離脱直前にカートに入れていた商品の画像付きメールによるリマインド機能、リカバリーメールの効果をグラフにする機能がある。

 

新規顧客にもアプローチが可能に

「カゴ落ちリカバリー広告」オプションを導⼊することでカート放棄された商品に限定したリマーケティング広告を、会員⾮会員問わず対象者の訪問先サイトへ表⽰可能になり、従来のサービスでは再アプローチすることが難しかった初回訪問客に対しても再来訪を促進可能となった。また、「カゴ落ち」システムと連携しているため、「カゴ落ちユーザー」一人一人のコンバージョンを検知することが可能であり、売り上げ損失に対する効果をさらに見込むことができる。

 

FutureCartRecoveryカゴ落ちリカバリー広告オプションの詳細情報はこちら

株式会社フューチャーショップの当プレスリリースはこちら

 

事例で紹介しているサービスに関する

資料を無料でダウンロードできます。