【米国】Googleに替わり、Amazonが検索エンジンになっている | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
トレンド
2017/02/06

【米国】Googleに替わり、Amazonが検索エンジンになっている

周知のように、Googleの主要収入源は広告ビジネスである。今年7月、Alphabet財務報告によると、総収益213.15億ドル(2.4兆円)のうち、広告収入は191.45億ドル(2.2兆円)となっている。しかし、金融サービス会社Raymond Jamesの調査によると、アメリカ人のユーザーは何かを購買する際に、Googleを使って検索する割合が大幅に減少してきているようだ。2014年の55%から2016年の26%となり、半分以下に減少。一方で、Amazonを通じて検索する割合は過去2年間で大幅に増加し、2014年の38%から2016年の52%まで上がった。また、18〜29歳のアメリカ人のうち、63%はAmazonで商品を検索するのに対して、21%はGoogleで検索しているなど、若年層ほどこの傾向が顕著だ。このトレンドはしばらく続く見込みだ。

また、データ分析会社BloomReachのアメリカ人の購買習慣に対する分析調査(2016年9月に実施された2,000名対象のもの)によると、2015年9月から2016年9月まで、モバイル端末を利用する人のうち、50%の人がAmazonからショッピングするのに対して、検索エンジンとリアル店舗の割合はそれぞれ34%と16%である。また、10人のユーザーのうち9人が、他のECサイトで欲しいものが見つかったとしても、Amazonで同じものを検索すると回答した。

 

 

※当記事は中国メディア「雨果網」の1/20公開の記事と「36Kr」の9/20公開の記事を翻訳・補足したものです。