海外向けに店舗を開店しよう | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
海外向けに店舗を開店しよう

海外向けに店舗を開店しよう

EC業界においては“越境EC”がここ数年の間にバズキーワードとなっている。そのような状況の中で、越境ECを展開したいEC事業者向けの支援サービスも活況を呈してきている。しかしEC事業者側からするとなかなか簡単に着手することができないのも事実だろう。

海外に店舗を展開するためにはいくつかの方法がある。まずイメージしやすいものは独自の正規店舗を出店する方法だ。これは独自にカートASPシステムや、パッケージを利用して開店するものだ。自由度は非常に高いものの、店舗自体を対象国の潜在顧客に認知させるためのマーケティング活動の難易度が高い部分もある。

次に各国で消費者に認知されユーザーの多い海外のモールに出店する方法がある。しかし、中国などにおいては、出店の基準が複雑で難易度が高いケースもあり、簡単に出店出来ない場合も多い。また、出店してもモール内の集客やマーケティングに特殊なノウハウが必要で売上を作るための難易度は低くない。

また、日本の事業者が提供しているモールもいくつかある。出店のハードルは格段に下がる。

さらに上記のようなWebサイトではなくECアプリも増えてきた。特に若年層の消費者はWebサイトではなくECアプリを利用する傾向も大きく、そのような消費者にリーチする必要がある場合は効果的な選択肢となる。

一方、上述したBtoC向けのサービスだけでなく、BtoB向けのサービスの提供も進んでいる。

このように海外へ出店するためには多くの選択肢が提供されている。これらのサービスを利用して、言語・決済・配送・マーケティングに関わる障壁を上手に乗り越えて成功を掴んでいきたい。

 

すべてのおすすめサービスの資料を

無料で一括でダウンロードできます

おすすめサービス一覧

G1 commerce
株式会社UZEN

これまでのパッケージでは手が届かなかったステージ、その1歩先へ。

「G1 Commerce」のプラットフォームは、高度に技術集約されたフレームワークに様々な機能を組み合わせることができ、お客様の戦略や状況に合わせた拡張性の高い環境が整います。

Eビジネスのアイディアをリアライズ化

私たちUZENが提供するECプラットフォーム「G1 Commerce」は、御社Eコマース事業のステージアップはもちろん、新しいEビジネス立ち上げ、アジア市場へのビジネス展開まで実現いたします。 ‘オンラインでモノを買う‘という行為に付加価値を!
FutureShop2 OVERSEAS
株式会社フューチャーショップ

英語と中国語(繁体字)に完全対応。ECサイトで表示されるすべてのメッセージを翻訳。

契約時にどちらか一つ、ご利用いただく言語を選んでいただきます。 ショッピングカートやお支払いなどECサイトのシステムで表示するメッセージは翻訳済みです。 ショップ様に設定していただくメールの文面やサイトで表示する文言なども、ネイティブによる翻訳済みの例文をセットしております。

為替レート変動リスクを解消!お客様もショップも安心できるクレジットカード多通貨決済サービス。

商品画面にてリアルタイムで換算表示され、お客様は換算表示レートでそのまま決済を行うシステムをご利用いただけます。またドル売上でも日本円でショップ様にご入金する事ができます。
その他のサービス一覧