• google+
CMSでECサイトを構築しよう
CMSでECサイトを構築しよう

CMS(Contents Management System)とはオンラインコンテンツを管理するシステムの総称だ。ECサイト以外でも多く用いられているが、ECサイト向けのCMSパッケージも数多く市場に出てきている。ECサイト向けCMSは、ショッピングカートASPサービスよりもハイエンドのEC事業者向けのものとなるのが一般的だ。そしてECに必要な機能モジュールを準備しておきEC事業者の要望に合わせて組み合わせていくようなものが多い。そのため、各システム共にコストさえかければどのような機能要望にも応えられるようになっている。しかしシステムの骨格を成すデータベース構造や設計思想にない要望を叶えようとすると膨大なカスタマイズコストがかかるケースもある。そのため機能星取表からではなかなかそのシステムがどこまでEC事業者にFITするのかは分からず、RFPを出し具体的な提案書を見てみると各社の提案額に大きな差があることも多い。各システムの導入先カテゴリを見るとある程度はそのシステムのFITする事業者の特徴が分かる。

CMSは大きく分けて、パッケージ型とクラウド型に分類される。最近ではパッケージとクラウドのハイブリッド型もあり、それらの利点を活かした作りになっているようだ。

各社の出自を見ると、SIer系の会社、ERPパッケージ系の会社、EC通販専門の会社に大別される。Sier系の会社はシステム開発に強みがあり、重厚で堅牢な作りのシステムが多い。ERPパッケージ系の会社は基幹系システムとの連携に強みがあり、社内システムを一体化させることのノウハウが豊富だ。EC通販専門の会社はオンラインマーケティング、店舗との連携など、業界に特化したノウハウに長けている。そのためどのシステムが優れているという画一的な評価は難しく、EC事業者のニーズをしっかりシステム会社に伝えて、FITするシステムを選んでいきたい。

それでは現在日本国内の市場に提供されている16のECサイト向けCMSサービスを見ていこう。

 

すべてのおすすめサービスの資料を

無料で一括でダウンロードできます

おすすめサービス一覧

ecbeing SaaS
株式会社ecbeing

実績No.1ECサイトの構築パッケージecbeingの新しいカタチ

ecbeing SaaS版は、これからECの成長を目指される企業様が「売上を上げるための機能」の充実したecbeingを低コストで導入していただけるように誕生しました!

ecbeingの強みはそのまま!

ソフトクリエイトホールディングスグループでは、お客様一社一社のニーズにお応えするためにECサービス専属ベンダーとしては国内最大の400名のカスタマイズ専任の開発部隊を保有しています。また、事業コンサルティングやWEBプロモーション、そしてWEBデザイン制作までサポートする、ECマーケティング戦略部隊100名以上を保有しており、国内最大級の体制を整えています。
その他のサービス一覧