楽天がサービスECを拡大、役務サービスに特化したページを新たに開設 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
トレンド
更新日2018/02/01 公開日2018/01/26

楽天がサービスECを拡大、役務サービスに特化したページを新たに開設

楽天株式会社は、楽天市場において楽天サービス特集のページを新たに開設。住宅リフォームや家事代行など、人気の高い役務サービスに特化したページで、ユーザーはアイテム購入と同様にサービスを購入し、それぞれの手段で日程を決めると、サービスを受けることができる。

 

楽天市場で人気の役務サービス22店舗を掲載

楽天市場では、これまでもリフォームサービス「らくらく楽天リフォーム」や、衣服のクリーニングなどの役務サービスを提供してきた。このような役務サービスに対するニーズの高まりを受けて、今回新ページを開設。開設当初は22店舗が参加し、家事代行や宅配クリーニング、エステ、学習・スクール、フィットネスなど幅広いジャンルのサービスを提供する。サービス購入時には、楽天スーパーポイントの利用が可能だ。

また、楽天サービス特集のページに掲載されるのは、特に人気の販売実績の高いサービスのみで、対象サービスの商品ページ内には、楽天市場サービス特集認定商品マークが提示され、商品名には【サービス特集認定商品】と記載される。

 

今回楽天は、人気のサービスに特化したページを開設することでサービスECの拡大を図った。今後は参画店舗数および取り扱いサービスを順次拡充してしていく予定だ。楽天のサービスECの拡大から、「モノ」だけでなく役務サービスに関してもECで売買する傾向が高まっていくことが伺われる。

 

close