Amazon wine storeから新サービスwinery direct(ワイナリーダイレクト)開始 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
公開日2017/06/29

Amazon wine storeから新サービスwinery direct(ワイナリーダイレクト)開始

Amazonは自社が各国のワイナリーから直輸入したワインを取り揃えたwinery direct(ワイナリーダイレクト)オープンする

Amazon wine storeからの新サービスであるwinery directでは、「日常的に飲みやすく」かつ「上質なもの」を基準に、バイヤー自らが現地へ赴き、高品質なワインを選定する厳選した高品質なワインを求めやすい価格で提供する。チリ産、フランス産の直輸入ワイン各種の取り揃えからはじめ、7月上旬にはイタリア産の直輸入ワインも販売開始予定で、今後も各国の直輸入ワインの品揃えを順次拡充していく予定だ。また、winery directで取り扱う商品はすべてAmazonプライム対象商品のため、プライム会員はワイン1本からでも「お急ぎ便」「当日お急ぎ便」「お届け日時指定便」を無料で指定することができる。

 

ワイナリーから直輸入で高品質なワインを求めやすく

winery directでは、Amazonが目標としている「地球上で最も豊富な品揃え」というビジョンのもと、世界で約100万銘柄あると言われているワインの幅広い買い付けに取り組み、バイヤー自らが現地へ赴いて「日常的に飲みやすく」かつ「上質なもの」を基準に、高品質なワインを選定する。また、ブドウ作りから醸造まで行っている小さな生産者からも積極的な買い付けを行うことで、市場ではなかなか出回らない上質なワインを取り揃えている。中間流通を省いてワイナリーから直輸入することで、日本ではなかなか手に入らないような品種を、求めやすい価格で提供可能になったようだ。

現時点では、チリとフランスの2カ国の直輸入ワインを展開。今年はさらに6カ国の産地(イタリア、アメリカ、アルゼンチン、オーストラリア、スペイン、ドイツ)を中心に、品揃えを随時拡充していくようだ。「オーパス・ワン」をはじめとする有名ブランドワインを展開するだけでなく、Amazon限定のワインや、お手頃価格のワインセットや品種別の飲み比べセットなど、さまざまな商品のセット販売も展開している。

また、配送するすべてのワインは18度~20度を目安にした一定の温度帯で保管管理する「定温倉庫」で管理されており、引き続き温度管理した状態でご指定のお届け先まで輸送する「保冷お届けサービス」といった有料オプション(1回あたり300円)の利用が可能だ。Amazon wine storeでは、シチュエーションごとにおすすめのワインがカテゴリー化されているうえ、Amazonソムリエから無料でメールや電話でのアドバイスを受けることができるサービスもあわせて利用することができる。

オープン記念として、7月5日(水)までの期間限定で、winery directで取り扱うフランス直輸入ワインを全品20%OFFで利用できる。今後も、winery directにおいて新しい国の直輸入ワインを発売する際は、発売記念の初回限定プロモーションとして、対象国のワインを全品20%OFF(一部商品を除く)で提供される予定だ。

 

close