マーケットリサーチ事業などを手がけるGfKがこのほど公表した消費者の「所有」と「体験」に関する意識調査によると、商品の所有(モノ)よりも体験(コト)を重視する消費者が約3割にのぼった。