博報堂の調査によると、中国の都市部やシンガポールでネット通販の利用率が6割を超えた。一方、インドやベトナムでは30%以下にとどまっている。