オムニチャネル・O2Oに対応しよう | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
オムニチャネル・O2Oに対応しよう

オムニチャネル・O2Oに対応しよう

ECサイトでのオムニチャネルの取り組みが始められてから数年が経とうとしているが、ここにきて再び各社とも積極的な取り組みを進めており、マーケティング戦略の中心に据えて本格的に大きな成果を手に入れるための準備を行っている。そもそもオムニチャネルとは、顧客とのあらゆるタッチポイントで企業として連携し共通的な体験を提供しながらアプローチを行うことだ。マルチチャネル、O2Oもオムニチャネルの一部とみなすことが出来る。

ECサイトのオムニチャネル化の要因としては、EC業界のめざましい進歩によりEC企業単体での施策がある程度限界に達している、ということが考えられる。

加えてオムニチャネルを一躍有名にしたのは、米国の老舗百貨店Macy’sの事例だろう。当時、売上が伸び悩んでいたMacy’sは、2011年にオムニチャネル化することを発表。RFID(無線ICタグ)を使い、店舗とECサイトの 在庫管理・販売の一元化をし、在庫圧縮へ。店員にはモバイル機器を配布し、商品の在庫・商品詳細・ライバル店の商品の価格などを確認できるだけでなく、その場での決済ができるようになったのだ。商品が店舗にない場合、自宅配送も可能。2011年は700万点以上の商品が直送された。ECサイトでの売上高は、2010年から2011年で 40%の増加。このシステムにより、業績が大幅に改善。Macy’sのオムニチャネル化の成功により、オムニチャネルがグローバルに広まっていったのだ。

それでは現在日本国内の市場に提供されている10のECサイトオムニチャネル化支援サービスを見ていこう。

 

すべてのおすすめサービスの資料を

無料で一括でダウンロードできます

おすすめサービス一覧

FutureShop2X
株式会社フューチャーショップ

これからのオムニチャネルのスタイルは、”進化し続けるプラットフォームです”

私たちは”対応“するのではなく創りだします、世の中が求めるスタイルを。世の中の変化、消費者の変化、ショッピングそのものの変化、それに一つ一つ自社で対応していくことは不可能に近い。これからのオムニチャネルのスタイルは変化そのものをつくり、世の中に提案していくこと。それが可能なのは、FutureShop2Xです。

ファンとのコミュニケーションを可能にする様々な機能

スマートフォンアプリなら、指先ひとつでブランドとつながれる。プッシュ通知で、いち早く新作の情報を知ってほしい。 伝えたいことよりも、伝える方法がこれからも大きく変わっていく。 時代の変化に合わせた、 ブランドらしいファンとのコミュニケーションスタイルを常に提案していきます。
その他のサービス一覧